AGAクリニック病院でAGA,FAGA治療をおすすめする理由はこれだ!

AGA, FAGA治療のクリニック選び-www.aga-2323.com

かつて、薄毛と言えば、男性限定の悩みでした。

しかし、薄毛は男性だけではなく、時代と共に抜け毛や薄毛で悩む女性が増えつつあります。今や薄毛は男性だけの問題ではなく、AGA(男性型脱毛症)とFAGA(女性男性型脱毛症)で1セットの言葉。

薄毛対策と治療として、育毛シャンプーから養毛剤、育毛剤、育毛サロン、医療機関のAGAクリニックまで、細かくピックアップしていくと選択肢は膨大な数に上ります。

あと、育毛サプリメントもあります。

それらの中で、当Webがお勧めするAGA、FAGA対策はAGAクリニックでの治療です。その理由をお話しします。

社会的な責任と意義

当Webで薄毛対策や治療の方法をご紹介する以上、社会的な責任があります。

AGA、FAGA患者にとって、薄毛は深刻な悩み。だからこそネット検索しながら、このページにアクセスされたと思います。

この世のWebやブログは毎日、不特定多数のネットユーザーからのアクセスが発生しています。どのように情報を発信するかは、各Web管理者の考え方ながら、Webやブログは社会的な責任と意義を持って情報発信する必要があります。

しかし、ご存知のとおりネットの現実はそうではありません。

育毛シャンプーのランキングの謎

シャンプー

例えば、育毛シャンプー関連のキーワードで検索すると、「シャンプー」に特化したブログがヒットします。育毛シャンプーの写真がいくつか表示されて、ランキング付けされているブログもあります。

もし、そのブログの管理人が育毛シャンプーの販売本数を把握していて、販売実績をランキングしているのであれば、それはそれで1つの貴重なデータです。参考にする方もいることでしょう。

しかし、ランキングの根拠が何も書かれていないとなると「?」ではありませんか?

育毛シャンプーは頭皮環境を整える

シャワー、AGA対策

そもそも、医薬部外品の育毛シャンプーには「育毛」や「発毛」効果はありません。育毛シャンプーは頭皮の余分な皮脂と汚れを取り除き、頭皮環境を整えるための製品です。

もし、育毛シャンプーに育毛効果があるならば、髪がフサフサなホームレスのおじさんをどのように説明したらいいのでしょうか?

そして、AGA、FAGAに悩む男性と女性は毎日、朝と夜、2回の育毛シャンプータイムを実践するかもしれません。それで、じゃんじゃん毛が生えてくるなら、誰も苦労しないのです。

そもそも、医薬部外品で「育毛シャンプー」というカテゴリーは存在しません。「育毛シャンプー」は通称で使われている言葉なのです。

シャンプーと育毛、発毛は別

医薬部外品を製造販売するには、厚生労働大臣の承認が必要です。よって医薬部外品には、育毛にいいと考えられている成分やエキス類が数多く配合されています。

しかし、それと「育毛」や「発毛」は別に考える必要があります。

ですから、育毛シャンプーを派手にじゃんじゃんと紹介しているブログはネットユーザーを混乱させます。商品紹介の表現によってはネットユーザーに「育毛効果があるのでは?」と錯覚させてしまいます。

もし「この育毛シャンプーで発毛効果!」なんて表現があれば、完全に薬機法(旧薬事法)に抵触します。

つまるところ、薄毛に悩みを抱えているAGA、FAGA患者は藁をも掴む思いで、自分に合うシャンプーを探し求めているのです。

「いつか、いいシャンプーが見つかるかもしれない・・・」

と。

そこに付け入るような画像や言葉で育毛シャンプーを紹介するようなWebやブログがあるならば、チョットいかがなものかと思うのです。

当Webの管理人は育毛シャンプーの販売方法に違法性は無くとも、そのやり方によっては道義的に問題があるのではと思うのです。

医学的根拠があるAGA治療

医学的根拠があるAGA、FAGA治療を受けられるのはAGAクリニックだけです。これに異論を挟む人がいるならば、是非教えてください。ww

AGA治療の治療薬でプロペシア、ザガーロ、ミノキシジルは広く知られています。これら医薬品はミノキシジルタブレットを除いて臨床試験を繰り返して、厚生労働省から認証を受けています。

医薬品の認証過程で二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)を実施し、これは信頼性が高い試験です。

AGA治療薬の効果

AGA治療薬の効果は高く、発毛効果は10人に1人の確率なんてレベルではありません。

なお、ハゲ上がってから5年以上経過していると、AGA治療薬の効果が出にくいという声が多いようです。

20代でしたら、AGA治療薬で100%と言ったら問題がありますけど、90%以上の確率で効果を実感できるのではないでしょうか。

医薬品の効果効能が数字として公表されていますから、育毛シャンプーや養毛剤、育毛剤メーカー、あと育毛サプリメントメーカーは数字を前にしてひれ伏すしかありません。

もちろんAGA治療薬は医薬品ですから、AGA患者によって副作用はゼロではありません。しかし、多くのAGA患者は毎日、AGA治療薬を服用しながら普通に生活を送っています。

しかし、医学的根拠が無い方法は無視できない

ここで誤解を招かないように申し上げておきますと、育毛剤と自分との相性が良かったのか、効果を実感している人はゼロではないのです。

育毛サロンに通い続けて、自分との相性が良かったのか、効果を実感している人も同様にゼロではないのです。

これは、生活習慣や食事、シャンプー、頭皮ケア等の複数の要因が複合的に作用して、頭皮環境にプラスに働いたのかもしれません。

いずれにしましても、当Webは育毛シャンプーや養毛剤、育毛剤、育毛サロンを否定しているのではありません。

つまるところ、髪のことは髪に聞くしかない世界ですから。

当Webの運営基準

ノートパソコン-Laptop computer

育毛と発毛効果が数字として公表されていて、理論的かつ医学的根拠があるAGA治療が可能なのはAGAクリニックだけなのです。

ネットユーザーの疑問に対して、当たるも八卦、当たらぬも八卦的なWeb内容では、暖簾(のれん)に腕押しです。

それは、当Webの運営基準と社会的な責任と意義から外れてしまいます。

その点、AGAクリニックのAGA治療薬は数字が出ているAGA治療法。何回も繰り返してくどいようですけど、きっぱりと「AGA治療薬は医学的根拠がある治療」と言えます。

間違いありませんよね?XYZクリニックの先生。

XYZクリニックの医師
間違いありません。

AGA治療薬は育毛、発毛効果が高い医学的根拠がある治療方法です。

ですから、当WebはAGAクリニックでAGA治療をおすすめするのです。

[関連記事]

AGA(男性型脱毛症)とFAGA(女性男性型脱毛症)対策と治療で大切なことは、まず発毛剤、育毛剤(育毛シャンプー)、養毛剤の違いと効果・効能を知っておく必要があります。無意味なAGA対策はお金を捨てるだけ。今さら聞けない発毛剤、育毛剤、養毛剤の違いとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする