AGAクリニックの選び方-医療機関の正しい選び方のポイント

AGAスキンクリニックの選び方

あなたがAGA男性型脱毛症の治療を考え始めて、最終的に医療機関で治療を受けてみようと決めたとしましょう。

自分の居住地周辺の医療機関をネット検索すると、AGA治療の医療機関は大きく2つに分かれている事に気付くはずです。

AGA治療の医療機関の種類

AGA治療を行っている医療機関は、一般の皮膚科とAGA専門クリニックがあります。

・一般の皮膚科

・AGAクリニック

一般の皮膚科

町の皮膚科から総合病院の皮膚科まで、薄毛の治療を行っています。治療方法として内服薬と外服薬を処方して治療を進めます。

内服薬としてプロペシアを処方するのが一般的です。

別のページで書きましたが、AGAは男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」の作用によって「DHT」に変換されて脱毛要因が発生します。

そこで、プロペシアは「5αリダクターゼ」の働きを抑制する薬。プロペシアの服用は抜け毛の抑制であって、AGAの進行を遅らせる治療です。

そこで、次のステップとしてAGA患者の誰もが発毛、育毛効果を期待します。しかし、発毛効果が高い医薬品で知られているミノキシジルを処方する皮膚科はまずありません。

AGAクリニック

AGAクリニックは薄毛治療の専門クリニックという立ち位置です。医薬品の投与で抜け毛を抑えつつ、美容的観点から育毛治療を進めるのが特徴です。

とにかく抜け毛を抑えて、髪の毛を増やしたいのであれば、AGAクリニックを選ぶことになります。

では、AGAクリニックを選ぶ上で大切なポイントを紹介しましょう。

AGAクリニックの立地条件

AGA治療を受ける上で定期的に通院して、医師の診察を受ける必要があります。医師が治療効果を確認し、医薬品を処方する上で必要となる通院です。HARG療法も通院が必要です。

とすると、自宅や勤務地からなるべく近い、交通の便がいい場所に立地しているAGAクリニックを候補に入れるのが1つの選び方です。

多くのAGAクリニックは治療期間の目安として、最低半年から1年は必要とされます。この期間の通院を考えますと、通院時間と交通費も予め考えておく必要があります。これは意外と大切です。

クリニックが自宅や勤務地からあまりにも離れた場所に立地していて、交通機関や自動車で1時間も2時間もかかるようでは通院がおっくうになってしまいます。

安さで勝負的なAGAクリニックは要注意

AGA治療が

月々「X,000円~」

といった破格の宣伝文句がWebやフリーペーパーで踊っているクリニックは注意が必要です。

例外として、開院直後のキャンペーンであれば話は別です。

というのも、

AGAクリニックが医療機関として開院し、悩めるAGA患者を診察して医薬品の処方や施術するプロセスの中で、クリニック経営で必要な固定費と変動費に大差があるとは思えないのです。

言い換えれば、AGA治療費を安くするにも限界があると考えて、大きく間違いは無いでしょう。

安さで仕掛けているクリニックは広告は患者を集める手段であって、追加のAGA治療をすすめてくる可能性も無きにしも非ずです。

医療機関に関わらず、何らかのサービスを提供する上で一定の必要経費がかかります。安さで勝負すると、経営上の損益分岐点が上昇して経営を圧迫します。

そして、経営がひっ迫してくると、経営者は目を引く広告で人を集めがちになるのは、他の業界でも見られます。

ただ、例外として良心的な治療費で患者のためのAGA治療に専念しているクリニックが実在しています。

無料カウンセリング

AGAクリニックに電話して、自分のAGAの状態がどの程度なのかを電話で伝えることは不可能です。まさか、自分の髪の毛を1本1本数えて、「今、XYZ,000本生えています。」なんて言えるわけがありません。

これは包茎治療も同様で、仮性包茎の包皮の状態は人それぞれです。真性包茎に近い仮性包茎もあれば、日常生活上、特に問題が無い仮性包茎もあります。自分の包茎の状態を電話で伝えることも不可能なのです。

そのような背景もあって、多くの包茎治療クリニックのみならずAGAクリニックでも無料カウンセリングの予約を受け付けています。この無料カウンセリングを活用することで、医師の客観的な判断を得られるメリットがあります。

2院以上でカウンセリングを受ける

できれば「2院以上」で無料カウンセリングを受けることをおすすめします。これは、1院だけではAGA患者側としてクリニックを客観的に判断できないからです。

2院以上で無料カウンセリングを受けることで、AGAクリニックの医師が話す内容やクリニックの雰囲気が掴めるはずです。治療費も含めて。

あと、AGA治療は一般的に最低半年から1年の期間と通院が必要ですから、自分が話しやすいと感じる医師を選ぶことも大切だと思います。

AGA治療の症例と医師の説明

実績があるAGAクリニックは、今までの症例を数多く有しています。無料カウンセリングの時、症例について質問するのもいいでしょう。

そして、AGA治療には医薬品を使いますから、医薬品の注意点や副作用、生活習慣について分かりやすく丁寧にアドバイスしてくれるクリニックを選びたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする