AGA治験バイト募集-1通院1万円の謝礼金!AGA治療を東京新宿と大阪で

薄毛でお悩みのAGA(男性型脱毛症)患者さんに【朗報】です。

もし、あなたが次に該当するならば

「無料」AGA治療を受けて

しかも「謝礼金」もらうことが可能です。

・AGAが始まったかも?

・AGAが進行中・・・中程度?

・AGA治療に興味はあるけど、今一つ踏ん切ることができない。

・月々の治療費負担がちょっと大変。

実際、こちらのページからAGA治療の治験に参加することができます。



New window AGA治療薬の治験に参加していただける方募集

AGA治験バイト募集

薬を持つ医師

治験とは?

治験(ちけん)とは、医薬品の有効性と安全性を調べるための試験です。

医薬品メーカーが医薬品を製造販売するためには、厚生労働省の承認を得て医薬品の効果(有効性、安全性)と副作用、病気の進行に及ぼす影響の裏付けを取る必要があります。

そのため、治験でボランティアの協力が必要です。

ボランティアと言っても、治験の参加者は謝礼金をもらうことができます。言わば、治験に参加する治験モニターです。あるいは、治験バイトとも言います。

薬が誕生するまで

新しい薬が誕生するまでには、約10年以上の期間と数百億円もの開発費用がかかります。新薬の開発に成功する確率は約「1/31,000」程度と言われます。

1つの新薬が開発されるまで、基礎研究から国の承認までに非常に時間とお金がかかる大変なプロセスが必要です。

【ステップ1】基礎研究(2~3年)

医薬品メーカーが植物、化学物質、微生物等から薬になる可能性がある物質をリサーチします。

【ステップ2】非臨床試験(3~5年)

非臨床試験(ひりんしょうしけん)でマウスやウサギ等の動物に投薬し、新薬の効果と安全性を確認していきます。

安全性と効果が確認され、候補として選ばれた新薬が次のステップに進むことができます。

【ステップ3】臨床試験(治験)3~7年

臨床試験(ちけん)で健康な成人、患者の協力の下、新薬の安全性と効き目を調べます。

【ステップ4】承認申請(1~2年)

厚生労働省に「薬」として申請します。治験のデータを元に厳しく審査されます。

【ステップ5】市販

厚生労働省が新薬の効果と安全性を確認後、「薬」と認められて、病院や薬局に新薬が流通します。

AGA治療の治験に参加するメリット

・診察料、検査料、医薬品代は無料

・最新の医薬品を試すことができる

・治験に参加すると、1回の通院で約1万円の報奨金がもらえる

・医薬品の発展に貢献できる

(注意点)

・医薬品の効果と安全性を確認するために、通院と検査の回数が多くなる場合があります。

・服薬の記録や体の状態の記録等、いくつかのルールを守る必要があります。

・未知の副作用が出る可能性はゼロではありません。その場合、医療機関で適切な治療を受けることができます。

治験が行われる場所

AGA治療の治験が行われる場所は、次の2ヶ所です。

東京エリア

「東京都新宿区三栄町」のToCROMクリニック

四ツ谷駅から徒歩5分。

大阪エリア

「大阪府大阪市淀川区宮原」の大阪治験病院

JR新大阪駅から徒歩7分。

定期的に東京または大阪のどちらかの病院に通院して、検査等を受ける必要があります。

自宅から指定病院まであまりにも離れていると、交通費と通院時間の負担が大きくなります。

通院可能なエリアにお住まいの方にお勧めの治験バイトです。

AGA治療の治験に適している方

・AGAが始まったことを自覚している。

・AGAが進行中・・・中程度まで。

・年齢は20歳以上。

・AGA治療に興味はあるけど、今一つ踏ん切ることができない。

・月々の治療費負担がちょっと大変。

・指定の病院までの通院に問題は無い。

・実際、説明会で詳しい説明を聞きたい。

医薬品の将来の発展にご協力いただき感謝申し上げます。

AGA治療の治験参加はこちら

AGA治療の治験の参加申し込みはこちらから。



New window AGA治療薬の治験に参加していただける方募集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする